D-plusのスタッフ(自称kanop)の勝手気ままなひとり言。お店のこと、猫ばなし、庭に咲いた花のことなど。お付き合いいただけたら幸せです。


by d-plus55
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

薔薇が咲いても。

b0162790_14373980.jpg
b0162790_14375679.jpg
b0162790_1438653.jpg


               薔薇の季節になりました。
               隣家の庭やクリーニング屋さんの店先にも
               色とりどりの薔薇が咲いて、
               陽光をいっぱいに浴びています。

               そんな素敵な季節に反比例するように
               心は晴れず。・・・

               今日でブログを仕舞うことに致しました。

              
               私の夢は結実することは無く
               小さな水溜まりに浮かべた言葉たちも
               澱みとなって沈む。

               今まで、拙いブログにお付き合いただき有難うございました。
               
               ささやかでも夢の蕾ができた折には再開します。
               それは運命の成すがまま。
               私の力の範疇ではないのかも知れません。

















               
[PR]
# by d-plus55 | 2014-05-20 14:47

母の日に。

b0162790_4275623.jpg


               息子夫婦からの贈り物を
               デスクに飾った。

               花を貰って、「私も母だったんだな。」と思う。
               母の役割も大方卒業して、
               このところ何となくボンヤリしている。

               母、職業人、女房・・・。
               どれもいい加減で宙ぶらりんな昨今。

               そろそろ「自分」を見つけなくちゃ。
[PR]
# by d-plus55 | 2014-05-13 04:27

漬物。

b0162790_0135835.jpg


               連休も終わり、
               世の中も普通に戻りました。
    
               仕事ばかりで浮いた話も特になく・・・。
               私の連休は何の変哲もなく地味に過ぎて行きました。

               地味な上に地味な話。
               糠漬けのことなど一つ。

               筍を湯がくのに買った米糠が余ったので
               久々に糠床を拵えて、糠漬けをしてみました。
               NHKの「ごちそうさん」に影響されてのことです。
               あえて弁解は致しません。

               未熟な糠床ながら、
               久しぶりの自家製漬物は
               この上ない美味で、
               幼いころを思いだし、懐かしさにシンミリ。

               常日頃、スーパーで購入するものとは雲泥の差。
               ここでは私の「漬物」の方が圧倒的に「雲」です。

               大量生産の偽物に席巻されている日常を
               改めて痛感する出来映えでした。

               小さな努力も惜しむようになった己の日常を
               省みる。
               出来ることなら、
               本物を味わって暮らして行きたいと思うのです。
[PR]
# by d-plus55 | 2014-05-09 00:30

国立名人会。

b0162790_1573242.jpg

b0162790_1574433.jpg


               三遊亭金馬師匠の落語が聞きたくて、
               国立劇場、演芸場へ行って来ました。

               金馬師匠の演目は「お神酒徳利」
               お馴染みの演目なのでしょうが、
               kanopにはお初です。

               演芸場での落語は
               テレビやヘッドフォンで聴くそれとは別物ですね。
               落語は表情、動きも含めての話芸と理解しました。

               富士路子師匠の浪曲「権太栗毛」も素晴らしかった。
               演芸場の雰囲気を味わい、
               前座さんからトリの師匠の落語まで堪能しました。


               この年になって、
               ようやく浪曲、講談もすんなり楽しめるようになったのです。
               何につけても遅いのですけど・・・。

               いつにも増して、
               月並みな感想文になりました。
[PR]
# by d-plus55 | 2014-04-28 01:57

きらきら。

b0162790_0451093.jpg


                雨降りの月曜日。
                雨の合間に庭に出た。
                水仙の葉の水滴がキラキラ光っていた。

                残念ながら、そのキラキラが画像に反映されない。
                もっとカメラの腕が良ければ
                小さな感動でも画像で十分に表現出来たのにと思うと
                何やらもどかしい。

                表現する方法はいくらでもあるのに
                私は何の術も持たず、いつもどこかで迷子になる。

                姫リンゴの新芽が出て、
                ロート状で寒さに耐えていたジキタリスは
                上に向かって伸び始め、
                季節の移り変わりを知らせている。


                陽光の降り注ぐ庭は
                植物たちのステージのようだ。
[PR]
# by d-plus55 | 2014-04-22 01:05