D-plusのスタッフ(自称kanop)の勝手気ままなひとり言。お店のこと、猫ばなし、庭に咲いた花のことなど。お付き合いいただけたら幸せです。


by d-plus55
カレンダー

<   2010年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

バチモン怪獣の歯磨き。

b0162790_154434.jpg


     深く神聖なソフビの世界に首を突っ込む気持ちは
     さらさら無いものの・・。

     バニラ、ドラコ、アンギュラスなどの年代もの怪獣ソフビより
     更にマニアックな怪獣ソフビに出会ってしまった。

     田子の浦のヘドロから生まれた公害怪獣、
     「ヘドロ」。

     有名どころのゴジラVSヘドラ・・・。
     「ヘドラ」は怪獣の名称としてはお約束通り。
     定石ながら、
     格があり強そうなネーミング。

    
     それに比して
     「ヘドロ」はそのまんま。
     

     そしてこのポーズ!
     もともと左右非対称の姿ながら
     保管状況で変形し、こんなかっこうになった。


     及び腰に見えるのは
     歯磨き嫌いだから?

    
b0162790_1135323.jpg


          
     遊んでいるのではなく
     お掃除途中の一コマ。

     バチモンゆえの穿った発想から生まれたヘドロに
     いつしか感情移入し、
     手放し難く思うまでになった。

     多少なりともその道の素質があるのだろうか。




    
    
[PR]
by d-plus55 | 2010-09-30 01:46

サマーナイトドリーム。

b0162790_185135.jpg


       前回は冬の花、椿のC&Sのご紹介。
       そして今度はサマーナイトドリームC&S。

       「季節は秋ですよ~!」と言われてしまそう。

       タイムリーには行かぬものですが、
       「俳句の世界ならNGかな。」などと
       呟きながらのアップです。
       
       実はこのC&Sの撮影には苦労しました。
       繊細なフォルムと淡い色調・・・。
       何度も撮り直しましたが
       結局のところワタシの手には負えず
       店長が一眼レフで撮ってくれました。
       さすが!・・・です。

       サマーナイトドリームは
       ロイヤルコペンハーゲンの廃盤アイテム。
       パリ万博に出品されて以来、80年代に短期間再生産されたのみで
       今では希少品となりました。
       特にこのローズはブルーに比べてレア度が高いようです。

       「両の手でそっと包み込んでいたくなるような・・・。」
       華奢で不思議な雰囲気を持っています。

       お越しの節は
       どうぞ
       何度も冬越しをしている蝶をみてやってくださいね。

       
       *** 臨時休業のお知らせ ***
         
         10/1(金)はお休みさせていただきます。
         どうぞ宜しくお願いいたします。
       

              
[PR]
by d-plus55 | 2010-09-28 01:53
b0162790_23232665.jpg


       前回に続き、C&Sのご紹介など。
       色絵鍋島、今右衛門のC&S・・・。
       文様は椿。
       
       ワンシーズン早い花ではありますが、
       冬の訪れを待たずに手元を離れてしまうアイテムなので、
       無理やりのアップです。

       この手の花文様には、椿か山茶花なのか
       いつも迷います。
       花弁の様子、雄しべの花糸の様子など
       じ~っと文様を観察の結果、勝手に椿と決めました。

       花の品種改良のスピードは目ざましく、
       薔薇と見紛うばかりの椿もあり・・・。
       人の花に対する期待度が計られます。
       ま、「欲張り」ってことかな。

       このC&Sの花びらの色は、
       漆のような色。
       そう簡単にこの色は出ますまい。
       
[PR]
by d-plus55 | 2010-09-24 23:48
b0162790_1205083.jpg
       


       アンティークリモージュのC&Sが並びました。
       
       お譲りいただく際、
       パリの骨董屋さんでお求めになった品と
       そっと教えていただきました。

       古典的なシェイプに
       鳥と花文。
       シノワズリです。

       店内には
       意図せずして  
       鳥の文様のアイテムが増えました。

       秋は小鳥と木の実が似合いますね。

     
       ※臨時休業のお知らせ
        9/23(木)秋分の日は都合により
        お休みさせていただきます。
        どうぞ宜しくお願いいたします。
       
       
[PR]
by d-plus55 | 2010-09-21 01:36

壷屋の水滴。

b0162790_120942.jpg


        沖縄の名工、金城次郎氏作の水滴。

        南の焼き物らしい思い切った意匠と文様に
        ちまちまと まとまりがちな心根が揺さぶられます。

        魚文は泡盛を入れるカラカラという酒器にも多く見られますが、
        水滴とは珍しい。

        書の深遠な世界に憧れ始めたこともあって
        尚のこと惹かれる一品です。
        
        こんな水摘を傍らにすると
        文様の双魚のような勢いのある文字が
        筆先から生まれ出るような気がします。





       
[PR]
by d-plus55 | 2010-09-20 01:43
b0162790_0521141.jpg


       9/18(土)よりコンサートチケットの販売をいたします。

*** ご予約はお電話でも承ります。  Tel. 03-3759-8031 ***


       
       名曲の数々を素晴らしい演奏でお楽しみください。
       30席ほどのご用意がございます。
       お越しを心よりお待ち申し上げます。
[PR]
by d-plus55 | 2010-09-18 01:00

夏の置き土産。

b0162790_0115484.jpg


         庭に出て、見つけた。
         小さな蝉の抜け殻・・・。

         蝉は
         地上での7日のために7年間を地中で過ごし
         自力で地上に這い出て羽化するという。
       
         小さな殻を見ながら
         その果敢な命に思いが廻る。
       
         そして7年前のワタシと7年間を
         振り返って思う。
         
         この年月を蝉ほど辛抱強くはなかったと。

         酷暑と言われた夏もいつの間にか過ぎ、
         庭の小さな置き土産が心に鮮やかな
         一頁を刻む。

         来年の夏の終わりには何を思うのだろう。
[PR]
by d-plus55 | 2010-09-16 00:37
b0162790_0585696.jpg


        武蔵新田、「炙や」さん。
        お地蔵さんの祠のおとなり。

        風情ある大きな提灯と左の鬼灯灯りが目印の
        新田では一押しの焼き鳥屋さん。

        絶妙な焼き加減と
        素材に合わせて工夫された薬味。
        レモン、カレー粉、大根おろし。
        店主のこだわりと心意気を感じます。

        外せないのがトマトベーコン。
        
        〆は焼おに茶漬け。
       
        お酒は能登の「朱鷺の里」。
        焼き鳥で日本酒をキュっ!
        
        そ~んな粋な人種では決してないけれど、
        食べて、飲んで(?)
        めっちゃ元気出ました。
       


b0162790_122253.jpg
b0162790_12334.jpg

[PR]
by d-plus55 | 2010-09-15 01:14

ギターのタグ 進化中!

b0162790_163643.jpg


         店長手作りのギタータグができました。
         革で店の刻印入り。
         
         土曜日から
         最前列のギターたちは新しいタグを身に付けて
         いとも満足げ・・・。

         タグは外さずに試弾ができるという
         スグレモノ。

         「刻印を焼印にしたら?」
         「ステンシルもいいねぇ。」
         「手書きも味があっていいかも。」

         一歩進むと次々とアイデアが出て、
         タグもお店も進化中!!
[PR]
by d-plus55 | 2010-09-13 01:17
b0162790_1351891.jpg


       
       この度、素敵なご縁を得て、
       憧れのクラシックコンサート開催の運びとなりました。

       映画「のだめカンタービレ」にご出演の演奏家
       Manfred Wodarz氏、Walter Roberts氏と
       日本で活躍されている演奏家、ヤマダナオミ氏、高橋明子氏の
       ご協力に心からお礼申し上げます。

       素晴らしい演奏と楽しいお話で
       秋の一日の楽しいひとときをお過ごしください。

       コンサートの後には
       ご歓談いただけるようコーヒーとケーキを
       ご用意しております。


b0162790_21713.jpg

         雑貨屋 D-plus    Tel 03-3759-8031



       ♪~ チケットは9/18(土)より販売いたします。
          店内、またはお電話にてご予約承ります。
          席数に限りがございますのでお早めにどうぞ~♪

[PR]
by d-plus55 | 2010-09-11 02:05