D-plusのスタッフ(自称kanop)の勝手気ままなひとり言。お店のこと、猫ばなし、庭に咲いた花のことなど。お付き合いいただけたら幸せです。


by d-plus55
カレンダー

<   2010年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

かまきり。

b0162790_072168.jpg


       今日のピンボケ画像は、
       仕事で伺ったお客様宅の門扉にいた蟷螂。

       小雨混じりの肌寒い日でもあり、
       微塵も動かずにいる姿に
       自分とおんなじ「いのち」を感じ、
       「君はこの夏、どんなふうに過ごしてきたの?」と
       問うてみたくもなりました。

       帰りには、
       出会った時と寸分違わぬ場所に
       じっとしていることを確認しつつ
       車に乗りこみました。

       秋の日の一度きりの出会い。
      
[PR]
by d-plus55 | 2010-10-27 00:55
b0162790_042435.jpg


        梅を模って漆器のような趣を持つた深川製磁のプレート。
        深い赤です。
        タイトルは“ミラノ・コレクション・モデル”
        バリエーションとして紺があります。

        深川ではしばしば
        文様や形に古典とモダンを融合させた
        美しい製品に出会うことが出来ます。

        このプレートには何がぴったりと
        くるでしょうか。
        盛り付けるものがあって
        プレートを選ぶことが通例なら、
        プレートのために似合うものを探す楽しみもまた格別かと。
         
        秋も深まってまいりました。
[PR]
by d-plus55 | 2010-10-26 00:34

ガマクジラ?

b0162790_028879.jpg


       分をわきまえず、
       再びソフビの世界に首を突っ込んでいます。

       ガマクジラ。
       ウルトラマンに登場する真珠を食い荒らす怪獣。
       当時、テレビに登場した着ぐるみは
       黒くブヨブヨした巨体として表現されていたようですが、
       ソフビではこんなヒョウキンな姿で残っています。

       愛嬌たっぷり。
       どう見ても暴れまわる怪獣には
       見えません。

       このアングル、
       たいそう気に入ってます。
       会心の作。

       ウルトラマン放映のころは
       すでにけっこう大人であったワタシですが、
       わりと本気で見てました。
       宇宙人に比して、一部の怪獣たちにはどこか悲哀が
       ありました。
       駆逐されて、ホットとしつつも、
       何故か一抹の悲しみと同情が残ったものです。
      
[PR]
by d-plus55 | 2010-10-22 00:45

萩と朝顔。

b0162790_0125930.jpg


       お店のパーキングの端に
       隣り合せて咲く秋の花と夏の花。

       紅色萩は紅というよりピンクの花。
       次の花の開花を待って
       はらはらと散っている様は風情のあるもの。
       秋の七草に数えられるように
       秋を代表する花木です。

       そう言えば・・・。
       和服の図柄にも多く見られます。
       少し古典的ではありますが、
       日本人の美意識に共感することしきり。

       そしてそのお隣は西洋朝顔のブラックナイト。
       花色はブラックではなく紫。
       西洋朝顔ではヘブンリーブルーが
       もっともポピュラーですが、
       秋まで咲いているとなると紫の方がずっと良い。
       
       日本の朝顔のようなしとやかさ、はかなさは無いけれど、
       スコーンと突き抜けた明るさは、
       それはそれで納得させられる美しさ。
       十月になると
       昼間は勿論のこと、
       夕方近くまで咲いている。
       朝寝坊にはなんとも重宝な品種です。
[PR]
by d-plus55 | 2010-10-20 00:40

ソーダの続き。

b0162790_0323780.jpg


       誤算がひとつ。

       おかげでJONES PURE CANE SODAについての
       続きになりました。  

       注いだ瞬間のクリーミーな泡。
       意外でした。
       すぐに弾けて消えてしまうので、
       写真なんか撮ってる場合ぢゃないんです。
       「フ~ム。なかなか。」

       メロンソーダなどめったに飲まないお年頃には
       心の端っこがくすぐられるような
       何とも懐かしいお味。
      
       甘いです。
       しかしながら許容範囲ではある。

       次の買い物カートのカゴには
       このボトルが少なくとも3本は入っていることでしょう。
       
       3本は根拠の無い数字。
       あくまでラベル買いが基本です。









       
[PR]
by d-plus55 | 2010-10-19 01:24

ラベル買い。

b0162790_2223668.jpg


          このボトルは賑やかな
          机の上が似合います。
          
          いつものスーパーの片隅で見つけたカナダのソーダ。
          JONES PURE CANE SODA
          ブルー バブルガム

             
          ジャケ買いならぬラベル買い。
          
          CMでインプットされての
          買い物は毎度のことながら・・・。

          ラベルに惚れての買い物は珍しい。
          
b0162790_231565.jpg


        きっと甘い。
        
        ラベルも色も直球なら、
        風味も然り、かな。
        
        犬猫にダブルで見つめられては
        買い物カートに入れない訳にはいきません。

        
        
[PR]
by d-plus55 | 2010-10-17 02:45

子は親の鏡?

b0162790_12837.jpg


       暑い夏を難儀しながらも
       何とか乗り切った我が家の猫たち。
       このところ、
       お昼寝も心なしか気持ちよさそうな。

       今日は通販カタログの上、
       TVのリモコンを枕に zzz~~。

       寝てばっかり!
       いいえ、
       けっこう働いてます。
       開梱したダンボールは入って点検。
       来客には人見知りしながらも
       玄関の靴に並々ならぬ興味を示し、
       ゴロニャンしながら、すりすり。
       食卓の片付け忘れのお皿には必ずチェックを入れ、
       椅子にバリバリと爪を立てる。

       ・・・通販カタログとリモコン。
       これは先ほどまで、誰かがテレビ見ながら
       カタログを物色していた証拠です。

       子は親の鏡・・・といったところでしょうか。


 
[PR]
by d-plus55 | 2010-10-15 01:30

お会式。

b0162790_1532559.jpg


        10/12(火)池上本門寺、万灯練供養へ。
        仕事に疲れ、躊躇する中、
        若い衆に励まされてやっと重い腰が上がりました。

        近隣に住んでいながら、はじめてのお会式です。

        万灯練はなかなかの勇ましさ。
        特に万灯を担いで石段を一気に上がる威勢の良さ。
 
        本堂への参拝を済ませて
        引いた御神籤は大吉でした。

        参道の人波に圧倒されながらも
        夜店の焼きそばと蛸焼きはしっかり食べましたよ~♪
       
        杏飴を賞味しながらの帰り道。
        思いがけなく参拝できたことを
        嬉しく思う秋の夜でした。
[PR]
by d-plus55 | 2010-10-14 01:51
b0162790_0522573.jpg


        クラシックコンサートには、
        雨の中、お越しいただき有難うございました。
        お集まりいただきましたお客様に心から
        お礼申し上げます。

        「アヴェ・マリア」をはじめに
        「シンドラーのリストのテーマ」「夢のあとに」など
        美しい音色に心洗われる思いのひとときでした。

        それぞれの楽曲の説明をしていただいたので、
        興味も更に深まり、
        クラシックを身近に感じることができた思いがいたします。

        ドビュシーの「版画」では
        当日のお天気に合わせて「グラナダの夕暮れ」を
        「雨の庭」に変えていただくなど、
        素敵なお心づかいで
        「雨もまた良し!」と思ったことでした。

b0162790_1242872.jpg


        演奏家の皆様!
        有難うございました。
     
        お越しいただいたお客様!
        有難うございました。

        再び、クラシックコンサートが開催できる幸せに
        恵まれますように・・・。
       
[PR]
by d-plus55 | 2010-10-11 01:31
b0162790_1505548.jpg


      いよいよクラシックコンサート当日となりました。

      椅子も無事、並べ終わり、ホッとしています。
      今回は大きな什器を搬出して
      出来る限りスペースを確保しました。
      中央に通路を設けているのが今までと変わったところ。
      ライブ経験のあるスタッフが加わったことで
      会場作りにも新しい風が入りました。

      もちろん、店長も頑張りましたよ。
      「椅子並べ係」もどうにか責務を果たしました。

      あいにく土曜日は雨になるとか。
      晴女も今回は力及ばず・・・と言ったところですが、
      素敵なひとときとなることを願っています。

      どうぞお気をつけて
      お越しくださいませ。
[PR]
by d-plus55 | 2010-10-09 02:08