D-plusのスタッフ(自称kanop)の勝手気ままなひとり言。お店のこと、猫ばなし、庭に咲いた花のことなど。お付き合いいただけたら幸せです。


by d-plus55
カレンダー

<   2011年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

b0162790_219890.jpg


            五月のコーヒーも月末には入荷予定。

            スプリングブレンドに加え、
            ストレートはブラジル トミオフクダ ドライオンツリー。

            翌月の銘柄選びは楽しい悩み。
            毎月、悩む機会を与えられるのは役得だ・・・と思う。
            迷いの道にはまりつつ、
            最終的には「え~い!これだ!」という心持ち。
            五月の賽はもう投げられた。

            自信あります。
            
            でも、それは銘柄のチョイスにではなく、
            仕入れ先の豆の品質と焙煎の塩梅、
            そして、店長のドリップの腕前に・・・です。

            どうぞ、ご賞味くださいませ。



***********************************************************************************************

            ゴールデンウィーク営業のお知らせ
    
            4/29(金)休業              
            4/30(土)営業
            5/1(日)~5/3(火)営業
            5/4(水)定休日
            
            5/5(木)~5/7(土)営業
            5/8(日)休業
[PR]
by d-plus55 | 2011-04-29 02:51
b0162790_0333670.jpg


          お陰様で、
          D-plusも’08年の開店よりはや3年を迎えます。
          あっと言う間の三年間。

         「石の上にも三年」と言うけれど、
          そ~ゆう自覚も戒めもないまま
          無我夢中でやって来た三年間。

          沢山のお客さまや、お仲間さんに支えれて
          ここまで辿り着くことが出来ました。
          ほんとうに、ほんとうにありがとうございます!

          今後ともそうぞよろしくご愛顧、
          ご指導のほどお願いいたします。




b0162790_0562847.jpg



          さて・・・。
          いよいよ恒例のライブが決定です。

          今年初めのライブは
          「D-plus 3周年ありがとうライブ」と銘打って、
          5月28日(土)に開催します。

          今回は2ユニットの演奏。
          おなじみ&大人気の「堀部やすし」さん+Jazz系グループ。
          ダブルバスの演奏もありますよ。

          チケットフリーです。
          多摩川へのお散歩がてら、
          どうぞお気軽にお立ち寄りください。
[PR]
by d-plus55 | 2011-04-27 01:12
b0162790_1162030.jpg


          仕事で御徒町に行く度、
          多慶屋(たけや)へ寄り道。

          知る人ぞ知る大型ディスカウント店。
          ダイヤモンドからお菓子まで何でも扱う。

          目指すは昭和通り際のお菓子館。
          1Fフロアーはお菓子で埋め尽くされ、
          いつも人で溢れている。
          ここに来ると、
          「お菓子は人生の幸せの一翼を担っている」と
          否が応でも実感する。
          
          そしてワタシもご多分に漏れず
          シアワセの一部分を探しに立ち寄るのだ。

          お菓子にもカテゴリーがあって、
          今回は所謂、炬燵やソファーで
          テレビを見ながらポリポリやる類のもの。
  

          さて、ここでの買い物の定番は「ぼんち揚げ」の割れ煎。
          一袋160円也。
          この魅力的な価格には毎回夢が膨らむ。
 
          「ぼんち揚げ」も「歌舞伎揚げ」も
          もとは東京生まれながら、
          その後の経緯で
          「ぼんち」は大阪、「歌舞伎」は東京となった。
          ワタシは「歌舞伎揚げ」派なれど、
          「ぼんちもまた良し」と思う。
          美味しいものは理屈なく美味しいのだ。

          お次はアーモンド入りのティラミスチョコ。
          これは初心者用。
          実はこの三倍入って割安な大袋もあるが、
          「食べ過ぎ注意」のため
          初心者の方は小さな袋から・・・と、
          親切なポップ。

          実際は、初心者用はすぐに食べ尽くし、
          お徳用にしておけば良かったと後悔する。
          いやいや、
          初心者用で良かったのだとも思う。
          交錯する二つの思い。
       
          その思いが
          寄り道を習慣にする。
          お店の戦略通り?




oto life


mono style

[PR]
by d-plus55 | 2011-04-26 02:09

こでまりの花。

b0162790_1192562.jpg


            Fママが大切に育てている こでまり。
            枝もたわわに花をつけたと、
            一枝を手折って届けてくれた。

            早速、レジ横に活けてその白を楽しむ。
            小さな花がたくさん集まって毬のように咲く不思議。
            白花にはいつも心洗われる思いがする。

            暖かくなると植物たちも俄然、元気になって
            次から次へと主張を始めている。

            ガス橋通りの欅の葉の眩しい緑。
            山吹の明快なヤマブキ色。
            木蓮の紫よりのピンク。

            そして、
            これからは本格的な薔薇の季節。

            例年に増して花々に励まされている。
            頑張らなくっちゃ!


            お知らせ・・・。
            4/23(土)は倉庫移転の緒作業ため
            お店はお休みさせていただきます。
            どうぞよろしくお願いいたします。

[PR]
by d-plus55 | 2011-04-23 01:42

我が家の成績表。

b0162790_131224.jpg

          東電からの請求書で
          節電の結果を知ることとなる。

          3/14~4/13までの31日間の電気使用量。
          そこには驚きの数字が。
          昨年の同期より197kwhの節電が出来たのだ。

          すごい!

          照明は最小限に。
          食洗機の使用は止め、
          使わない電気製品のコンセントを抜いた。
          北向きの居室のオイルヒーターを早々に仕舞って、
          就寝時にはセーターを着て、あんかを入れた。

          切実な思いがあったから出来た努力ではあるが、
          「電気ご使用量のお知らせ」は成績表だ。

          でも。
          長い道のりは未だ始まったばかり。
          「努力」が「ふつう」になる生活を理想にして
          淡々と歩んで行かねばならないと思う。
  
          苦しい時こそ乗り切る知恵が必要なのだろう。
          
          この夏の暮らし方を思案する。
          タフでなければならない。
[PR]
by d-plus55 | 2011-04-22 01:55

休日のサラダ。

b0162790_2337480.jpg


             料理について
             きちんとした勉強をしたことがない。
             家庭科はそこそこ頑張りはしたが、
             大人になって入会した料理教室は数回で匙を投げた。
             「こうしなくてはいけない」と言われることが苦手なのだ。

             昔の話になるけれど
             過程と方法は教えても
             その必然性はなかなか教えてもらえなかった。
             料理は台所の科学なのに・・・。

             創作の楽しさも伝わりにくかった。
             増してや器と料理の取り合わせは
             二の次だったような。

             そして今。
             年々、輪をかけて下降する料理の腕を
             忙しいことを言い訳にしつつ暮らす毎日。

             レシピは山のように手に入るのに
             仕様書苦手派は何でもない一行に躓いて
             首をかしげる。

             休日のサラダ。
             オンの日との違いはトマトを湯むきするか否か。
             そのひと手間で出来上がりは別物になる。

             そして、
             ドレッシング。
             材料は4種類あればいいかな。
             エキストラバージンオリーブオイルととびきり上質な塩。
             ワインビネガーと好みのハーブ。
             食する前にサッと和える。

             市販のドレッシングを買い散らかした挙句、
             こんなシンプルな所に落ち着くなんて。

             冷蔵庫の片づけ的サラダ。
             決して自慢できる代物ではないにしろ、
             我が家の財政と台所事情に見合った
             身の丈にあう一品。

             お味の方はあえて差し控えることとして。

             とりあえず・・・。
             御馳走さまでした。
[PR]
by d-plus55 | 2011-04-21 00:43
b0162790_0255016.jpg


            運動不足を少しでも解消しようと徒歩通勤を始めた。
            この二日は商店街を通り、新田神社へ立ち寄った。

            うららかな春の日曜日。
            境内には
            お宮参りの赤ちゃんとご両親、その親御さんの姿。
            すくすくと成長されますように。

            さて、
            境内の中央にある樹齢700年の古木。
            大正の震災と、落雷によって幹は傷んではいても
            逞しく年を刻んでいる。

            見上げると古木から萌える若葉の緑は
            光を浴びて眩しいほどに初々しい。

                         
            古木から萌える若葉は
            若木のそれと少しも変わらない。

            
            700回目の春。 
            700回の新緑。
            

            幹に手を当ててみた。
            なんでも、「健康」と「若返り」にご利益があるそうな。
            「若返り」を願って・・・?
            
            な~んて、滅相もない。
            
            この古木に密かな尊敬の念を抱いてのこと。
[PR]
by d-plus55 | 2011-04-18 01:00

ビールは取れまい。

b0162790_1241546.jpg


            これは「御御足。」
            御がふたつも付いている不思議な尊敬語。
            
            縞猫でも足は白。
            あんまり素敵なので、「おみあし」。
            これまで使ったことも、
            使われたことも無い言葉を
            猫のために
            頭の中の錆びついた引出しから引っ張り出してみた。

                 
            テーブルに引っ掛けているのは後ろ足。

            うちの大将猫は、
            ご飯より抱っこ。
            指定席はワタシの膝の上。
            しかし、相方に捕まってはかなわない。
            今日もひっくり返されてビールの肴。

            慌ただしい一日が過ぎ、
            猫には気の毒ながら
            こんな一コマがあって、明日につながる。

            
[PR]
by d-plus55 | 2011-04-16 02:02

休日のご褒美。

b0162790_22575786.jpg


            腰が痛いだの
            肩が凝ったなどど言いながら、
            休日も仕事の身の上。

            それも
            いつしか慣れてしまう可笑しさ。

            倉庫への途中、
            「もう咲いたかな?」と唐突に投げかけた。
            いつもなら「何?」と聞き返される端折った問い。
            しかしこの時ばかりは
            さすがの相方も
            「咲いた。咲いた。」と打てば響くような返事。
            そうこなくっちゃ!
            そして、
            わざわざトラックを止めて時間を作ってくれた。

            畑の斜面に植えられた芝桜。

            竹藪を背景に
            左に満開の桜。
            ネギ畑の斜面にピンク色の絨毯。
     
            余計なことは言うまい。
            けど、一言。
            桜も芝桜も当たり前に咲く。
            咲く季節になったから咲く。
            当たり前の自分を当たり前に生きているだけ。
            何ともうらやましい。
   
            
            4月末で倉庫も移転となり。
            この道を通ることも
            この芝桜を見ることもないかも知れない。



   
[PR]
by d-plus55 | 2011-04-13 23:25
b0162790_1103698.jpg


           今日は珍しくフィギュリンのご紹介。
           ノリタケ「NIPPON TOKI KAISYA」時代の製品です。

           艶のある磁器肌に
           美しい色合いとシェイプ。

           なにより、
           非の打ちどころのない抜群のコンディションが嬉しい。


           さて、 
           鴛鴦の「鴛」はオスを表し、
           「鴦」はメスを表す。
           鳥の名称そのものが
           番いになっている不思議。

           実際、鴛鴦は仲睦まじい。

           池の畔で時間を潰す破目になった時、
           退屈を紛らわせようと眺めた水上の
           鴛鴦の姿に時を忘れたことがあった。

           実物はもっと天然色な
           美しい羽色。
           

           「鴛鴦夫婦」と言うけれど、
           例えにしてしまっては
           オシドリに失礼じゃないかな~。

           つらつらそんなことを考える。

           そんなことは兎も角も、
           週末には店内に展示の予定。
           仲良い姿をご覧にお出かけください。
[PR]
by d-plus55 | 2011-04-13 01:38