D-plusのスタッフ(自称kanop)の勝手気ままなひとり言。お店のこと、猫ばなし、庭に咲いた花のことなど。お付き合いいただけたら幸せです。


by d-plus55
カレンダー

<   2011年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

ライブ、無事終了。

             土曜日は雨の中、
             お越しいただきありがとうございました。

             お陰様で、
             3rd. Anniversary ライブも賑々しく
             開催することができました。

b0162790_184045.jpg


             一番手は中根一城&アジアによるJazzナンバーと
             カーペンターズのJazzアレンジ・・・。

You don't know what love is
Time after Time
Top of the world
Over the rainbow ・・・


b0162790_1132924.jpg


             二部はお馴染み、大人気の
             掘田あつし・岡部たつや・田中やすし・藤島ひろしからなる
             「堀部やすひろ」。

Knok' in on the heaven's door
Drive my car
夜霧よ今夜はありがとう
お富さん
襟裳岬 
真夜中のギター


             素晴らしい演奏と歌、楽しいおしゃべりに
             時の経つのも忘れ、
             予定の時間を少々オーバーしての終了でした。

             お客さまに感謝!
             アーティストの皆様に感謝!

             たくさんの感謝の気持ちを胸に
             これからも店作りに励んでいきたいと
             決意を新たにしております。

             今後ともご指導、ご愛顧をお願い致します。

             また、この度はドリンクのチャリティに
             ご賛同いただきありがとうございました。
    
             温かなお心のこもった義援金は
             近日、手続きに行ってまいります。
             ご報告は後ほど。

             ありがとうございました!!!
                          


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
             

             

oto life <ギターのはなし>

mono style <mono語り>


[PR]
by d-plus55 | 2011-05-31 01:29

ライブ準備完了です!

b0162790_11353.jpg


              展示品や什器の移動も済ませ、
              椅子も並びました。

              ドリンクの準備も出来ました。

              会場作り完了の達成感と
              「いよいよ!」という緊張感。
              そして、
              遠足前のようなワクワクした気持ち。

              空模様だけが唯一の気がかりで、
              ン十年ぶりに照る照る坊主を作ってみました。
              作り手に似て、お気楽な表情。
              効き目があると良いですが・・・。

b0162790_1421643.jpg


              スタートは3:30~でございます。

              お足もとにお気をつけてお越しください。
              スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

b0162790_1581983.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



oto life <ギターのはなし>



mono style  <すてきな雑貨のはなし>

[PR]
by d-plus55 | 2011-05-28 01:48

旭正宗の酒粕で・・・。

b0162790_0214325.jpg
b0162790_022625.jpg


             酒粕。
             酒蔵に行った時のもう一つの楽しみ。

             大型量販店に並ぶ其れとは少し違う。
             適度に柔らかく、ほのかに産まれたての酒の香りが残る。

             結果、
             粕汁も自然と美味しい。
             味噌の分量も控えられ、
             減塩効果も大いに期待できる。

             今日は鰆を買った。
             粕漬けに挑戦するつもりです。



****************************************
             木曜日から
             いよいよライブの準備に入ります。
             
             コーヒー豆の調達も済ませました。
             ホットコーヒーはフーズコーヒーさんのブレンド
             「ワルツ」。
             
             ※ドリンクメニュー
                 ホットコーヒー
                 紅茶
                 アイスコーヒー
                 ビール 

**************************************

            <ライブに伴う臨時休業のお知らせ>
    
             5/27(金)ライブ準備のため休業
             5/28(土)ライブ
             5/29(日)休業
       
             どうぞよろしくお願い致します。
             休業日でもスタッフはおりますので、
             ご用の向きはお気軽にお申しつけください。
    
                                     
            
[PR]
by d-plus55 | 2011-05-26 00:46

仕事の帰りに 日本酒。

            先週の土曜日は、
            仕事で浦和へ行ってまいりました。

b0162790_2143677.jpg

b0162790_2134141.jpg


            その帰り道。
            寄り道上手な私たちが立ち寄ったのは
            内木酒造株式会社。
            埼玉県南部で唯一の酒蔵です。

            創業は安永4年(1776年)。
            現在の建物も百年以上経っている風情ある佇まい。

            そこで出迎えてくれたのが大きな秋田犬。
            この建物にはやっぱり日本犬です。

b0162790_222645.jpg


            これがまた良い按配に吠えてくれました。
            ひとしきり吠えてから
            「なぁ~んだ。客か~?」と
            胡散臭そうにこちらを伺っている様子が、
            かえって楽しくもありました。

            良い面構えです。

            晴れて、暑い日でした。
            我々が品選びをしている間に、
            ダレました。

            「つまらない客の相手などしてはいられぬ。」とばかりに
            こんなふう。


b0162790_2264027.jpg


            分かるよ。
            そのだるさ・・・。

b0162790_2323485.jpg


            今回のご褒美は
            内木酒造さんの原酒「旭正宗」。
            本醸造、米は埼玉産「彩のかがやき」。

            火入れをしていない原酒独特の
            いい香りと
            鮮やかな飲み口は、
            先にスーパーで買ったものとは比べようもないです。
                       
            飲めないくせに
            味だけはわかる生意気さ。

            仕事のあとのぐい呑み一杯の日本酒。
            イッチョマエになった気分。

            
           
[PR]
by d-plus55 | 2011-05-25 02:48

ライブ間近!

b0162790_132528.jpg


             早いものでライブまであと四日・・・。
             今回はD-plus 3周年の「ありがとう」と             
             震災の復興に向けての「がんばろう」の気持ちを
             こめてのライブです。
              
        
             さぞかし準備も整っているかと思いきや、
             店内には何の変化も無く、
             至って普通。

             準備万端なのは出演者の方々だけ。


             そろそろエンジンかけなくちゃ。
             
             ライブが迫って、
             山のような仕事がまだ手つかずでも
             誰も不安にならないのが
             D-plusの良いところ。

             どうしてこんなに平常心でいられるのか
             不思議です。
     
             什器を移動する手配、
             展示品の片づけ、椅子の配置etc
             頭の中に青写真はできています。
            
             残すは図面通りに実行するパワー。
             土壇場のパワーにはそこそこ自信あり。

             
             狭いながらも楽しい空間を作れるよう、
             心安らぐひと時をお過ごしいただけますよう
             スタッフ一同、力をあわせてがんばります!

             どうぞお誘いあわせいただきお越しください。
             皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


oto life   <新入荷ギターのご紹介> 



mono style   <すてきな雑貨のことなど>

[PR]
by d-plus55 | 2011-05-24 02:09
b0162790_101239.jpg


             2005年に廃盤となった
             WEDGWOOD CLIO シリーズのプレーン。
             一客のみの入荷です。

             クリオにはこのプレーンの他に
             華やかなフルリムボーダーや
             迫力のあるブラックダマスクと呼ばれる
             黒いシリーズがあります。

             それぞれ好みがありますが、
             個人的に最も好感の持てるのは
             シンプルなこのシリーズ。

             クリオをきっかけに
             廃盤の多さを知り、
             「洋食器は買い足せる」という定説を
             覆された思いです。

             特にこのシリーズの製造は13年間。
             どうりで最近見かけぬはずです。
             
             時間をかけての収集の途中だったり、
             ずっと好きで愛用されているお方には
             ちょと残念なことでもありますね。

             様々な陶磁器事情・・・。 
             お茶の時は忘れていても
             お片づけなどは慎重に、慎重に。
[PR]
by d-plus55 | 2011-05-22 01:24

あて外れ。

b0162790_2311395.jpg
b0162790_23114042.jpg


                 
            チアキ〇〇〇〇の靴が、
            破れてしまった。

            破れたので、    
            よくよく見ると靴底まで剥がれかかっている。
    
            「随分と履きこんだんだね~。」と言われた。
            とんでもない!
            2シーズン目、着用回数もさほどではない。

            残念なのは払った金額ではなく、
            「今季も・・。」との期待が外されたこと。
            少しの靴しか持たないので
            この一件はけっこうな問題だ。
  
            デザインもさることながら、   
            物には耐久性、
            修理が可能なことが必須だと改めて思う。

            別の用事で立ち寄ったリペアのお店の
            棚に並んだ革のシューズを見て
            デザイン重視の考え方を反省することしきり・・・。            
 
            

           
            
           
[PR]
by d-plus55 | 2011-05-20 23:38

手作りの苺ジャム。

            青森行きの疲れが出て、
            今週はひたすら眠い。

            学生時代は居眠りの天才。
            それでも
            仕事についてからは
            勤務中についぞ眠気などを覚えたことはないと
            自負していたのに。

            ものすごく眠い。
            「春眠暁を覚えず」・・・なんて。
            暁などもともと圏外。
            ひる日中も夕暮れも眠い。眠い。

            そこで、水曜日は
            休みを良いことに寝坊です。
            
            

            それから
            コーヒーで目を醒ましての庭仕事。
            暖かな土の匂い、鮮やかな緑、花々、動き出した虫たち。
            五月の庭には
            一年で最も楽しく幸せなもので溢れている。
            
b0162790_16994.jpg


            夕方、下丸子へ買い物に。
            八百屋さんの店先で小粒の苺を発見。

            瞬時に“ ジャムを作ろう ”と
            決意させるほど艶やかで魅力的な苺。
      
            味気なくパックに並んでいる「いつもの」とは
            違って、ざっくり袋に入れてある。
     
            一袋500gを二袋。
            しめて600円也。

            グラニュー糖をまぶして数時間置き、        
            アクを小まめに掬いながら煮詰めること
            一時間。
     
            砂糖は控えめに、
            レモンも加えず、
            ひたすら煮詰める。
            レシピなどいらない簡単な調理だが、
            最後の煮詰め加減ですべてが決まる。
    
            火から下ろす瞬間の
            「今だ!」という
            賭けにも似た緊張感が快い。

b0162790_138482.jpg


            手前味噌ならぬ
            手前ジャム。

            掛けた手間が報われる味。
            幸せ∞!
  
            
      
             

            
            
            
[PR]
by d-plus55 | 2011-05-20 01:48

道端の姫女苑。

b0162790_058189.jpg


              徒歩通勤を始めてはやひと月。

              車や自転車で
              見逃していたもの多いことに
              驚かされる日々。

              お隣のマンションのフェンス際や
              公園に咲く姫女苑(ひめじょおん)。
              ゆっくりと歩いてこそ
              出会うことができたのです。

              毎年、咲いているのにねぇ・・・。

              野原や空き地を走り回り、
              野の花と同じ目線で過ごしていた頃とは
              違う人になって久しい。

              でも、
              幼いころに覚えていた素敵な花の名は
              しっかりと覚えておりました。

              さて、
              「春女苑」(はるじょおん)という
              さだまさし氏の歌があります。

              姫女苑と春女苑との違いは?
              
              瓜二つの花の違いを何処で見分けるか。
              茎の構造や葉の様子など。
              更なる観察が必要かと・・・。
              前者は4~5月、後者は6月の開花とあるけれど、
              温暖化の昨今ではそれもあてにはなるまいと思う。

              とにかく、
              昔覚えた「ひめじょおん」は
              たとえ違っていたところで
              覚え直すつもりはさらさら無いのです。

              

              さだ氏の「春女苑」・・・。

              「花には花の悲しみが 人には人の苦しみが
               いつしかめぐる季節の中で思い出に変わるかしら。」

              

              ・・・・時は流れているんだね。
[PR]
by d-plus55 | 2011-05-19 01:43

春の白い庭。 

b0162790_2442880.jpg


           ジキタリス、パムズチョイスが咲いた。

           その怪しげな名称と、
           個性のある花姿に惹かれて
           昨年の植栽時からずっと開花を待っていた。

           フェンス際に咲き競う
           つる薔薇アイスバーグと
           時期を同じくしての開花。

b0162790_3102276.jpg


           蛍袋のような花弁の内側の色合いは
           見ようによっては
           少々毒々しくもある。

           色の選択によっては
           優しく可憐な庭にすることもできたのだが、
           パムズチョイス以外に選択肢が無かったのは
           極当然のこと。

           一見、清楚に見えても
           内面には複雑な思いを秘めている。
           常々そんな人に憧れ、良しとする。

           花もまた同じ。

           あくまでも清らかなアイスバーグの前に
           あえてのジキタリス、パムズチョイス。

           春の庭を眺めながら思うこと・・・。

           花は花を生き、
           人は人を生きる。

           
[PR]
by d-plus55 | 2011-05-18 03:13