D-plusのスタッフ(自称kanop)の勝手気ままなひとり言。お店のこと、猫ばなし、庭に咲いた花のことなど。お付き合いいただけたら幸せです。


by d-plus55
カレンダー

<   2012年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

b0162790_1134422.jpg


           明日から五月。
           連休はいかがお過ごしですか?
    
           私と相方はショールーム作りに追われております。
           いかに小さなスペースと言えども
           新しく展示をするのは結構なエネルギーが要るもので。
           バカンスとは程遠い感があるのです。
     
           さて、
           小石原焼、太田熊雄窯の皿。

           直径40センチほどもある大皿。
           広い面いっぱいに存分に引かれた刷毛目文様。
           そのおおらかさ、素朴さ、力強さが、
           民芸好きのハートを捉える。 
 
           皿立てがついているから飾り皿なのだろうが、
           こういう類のものをドカンとテーブルに置いて
           料理を盛ってみたいと思う。

           私の料理の腕前を御存知のお方に、
           「それで? さあさあ何を盛るつもり?」と
           顔を覗き込まれてしまいそうでちょいと怖いが、
           あくまでも
           そんな挑戦的な気持ちにさせられると言う意味です。
         
           作者にはお叱りを受けるかも知れないが、
           これは掛け釉が無い方がいいと思う。
           刷毛目だけを楽しみたいと思うのだ。
          
           好きだからあえて我がままが言いたいのかも知れないね。

b0162790_1232477.jpg


           この硝子器は先日の蚤の市で購入したもの。
           熱い思いで売り出したものの
           買い手が付かず
           結局、私が購入致しました。

           この昭和的、庶民的な趣を無視することなど
           絶対に出来っこない。
           平成になって長らく経つが、
           ショウワの気持ちのままのわが身には
           バカラやステューベンより時めくのだ。

           高級クリスタルには似合わない
           すてきで粋で飾らない
           取って置きの食材を探して取り合わせてみたいと、
           ここでも少々挑戦的な気持ちになっているのです。














 
[PR]
by d-plus55 | 2012-04-30 01:40
            5/12(土)D-plus anniversary concert

            (株)ケイ・エム・アーツさんのご協力をいただき
            クラシックのコンサート開催の運びとなりました。

            ヴィオラ、クラリネット、ピアノ・ベースの奏でる
            美しい調べをお楽しみいただき
            素敵な午後のひと時をお過ごしください。

            お越しをお待ち申し上げております。

b0162790_23435095.jpg

[PR]
by d-plus55 | 2012-04-26 02:26

隣家のチューリップ。

b0162790_0424892.jpg


             お店の近く、
             門扉前の
             プランターに花を欠かさないお宅がある。

             今月はピンクのチューリップ・・・。
        
             庭で丹精して育てた花を
             その最も美しい頃合いに道路側に移す。
             花を見て、主の心を知る。

             季節ごとに変わる花々を楽しみにし、
             そしていつしか
             お手本にもなった。
 



             
[PR]
by d-plus55 | 2012-04-23 00:55
b0162790_0245822.jpg


            ガス橋通りの欅。 
            信号待ちで見上げた空の
            初々しい緑が眩しかった。

            水曜日は店先に設えてもらった小さなデッキのペンキ塗り。
            このところ、細々とした仕事に余念がない。
            デスクワークより
            物を調達したり、
            工作の真似事をすることの方がずっと好きだ。
             
            自慢じゃないが、
            鋸やサンダーだって前よりはずっと上達したし。

            人生、リトライできたら、
            迷わず職人さんになるんだわ・・・と思う。         

b0162790_0323671.jpg


            木曜日は少し足をのばして池上のスーパーへ。
           
            特売のトマト、春キャベツなどでたちまちバスケットは
            いっぱいに。
            
            いちばんの収穫はグリーンピース。
            むき立て艶々の若い緑色。

            久々のグリーンピースご飯です。
            
            家族にグリーンピース嫌いがいる。
            焼売のてっぺんの豆すらつまんで除ける徹底した主張に負けて、
            ずっと食卓にのぼることがなかったメニュー。

            しめしめ、
            今はNYなので文句を言われることもない。
          
            炊き立てご飯をさっくりと混ぜる。
            生豆とおんなじ綺麗な緑色。
            こんなに美味だったかと感激。

            献立は精進揚げと焼いた子持ち鰊、吸い物、
            木耳、パストラミ入りの春雨サラダ。

            仕事の無い日は台所で頭を使う余裕が幾らかある。
            まんざら捨てたもんじゃあない、
            料理だって少しは出来ると一安心する。
 
            炊き立ての撮影じゃないから
            少し色あせた。
            残念の極みである。

            参考までにネットで公開しているご飯をみたら
            みんな綺麗な緑だった。
            気恥ずかしい・・・。






            
        
   
            
               
            
            

           
[PR]
by d-plus55 | 2012-04-20 00:53
            4/15(日)の蚤の市。
            たくさんのお客さまにお越しいただき
            賑々しく開催することができました。

            ありがとうございました。

            何かしらお気に入りを見つけていただけていたら
            とても嬉しく思います。

            D-Plus蚤の市は気紛れイベント。
            思い立ったらまた開催。
            次回もどうぞよろしくお願い致します。



b0162790_0365670.jpg
b0162790_0371530.png

b0162790_0383774.gif


            さて、
            蚤の市は新しいコーヒーの
            記念すべきお披露目の日でもありました。
    
            中目黒のcafeファソンさんに作っていただいた
            D-Plusオリジナルブレンドです。
     
            名付けて“ まるこブレンド ”
            まろやかな中にも華やかさのある風味です。
 
            これから、
            末永くお付き合いください。
            良い豆の素敵なブレンドの魅力を最大限に引き出すべく、
            ドリップの腕を磨きたいと思うのです。

            コーヒーのお供はたまごクッキー。
            もっと凝ったものをと思っておりましたが、
            材料の調達からしてまに合わず、
            シンプルなところに落ち着きました。

            素朴で良し。
            ひとまず合格点をいただきました。
            次のイベントには
            早めの準備をいたします。

            次はもう少しステップアップしたい。
            とは言うものの、また卵クッキーかもですが・・・。
       
            
[PR]
by d-plus55 | 2012-04-18 00:35
b0162790_1595888.jpg


             カーナバルデリオから遅れること一週間。
             
             レムズフェイバレットが咲きました。

             ポップキャンディーのような可愛らしさ。
             パリリと口の中で砕いてしまいたくなるような
             錯覚を覚える甘い色だ。

b0162790_04050.jpg


             それはそうと、
             今回も植え位置を間違えた。
             2種いっぺんにカメラに収めようと試みても
             いっこうに絵にならない。
             
             背丈を想像して植え位置を決たつもりが
             決まって失敗する。
             丈の大きくなるものを前に
             低めのものを後ろに植えてしまうのだ。

             しかも
             6球植えたはずが2本しか育たぬ少し悲しい結果。

             カーナバルデリオより
             水切れに弱い品種のせいかと
             冬の間のわが身の無精をつくづく思いやる。

             ふと見やると
             雑草が大繁盛の小さな庭。

             春が来た。
             春が来たよ。

             花々が、
             雑草たちが思い思いに囁いている。
   
             私と花と雑草と・・・。
             
             移って行く季節の中で私だけが出遅れている。

























             


             
             
             
             


  
[PR]
by d-plus55 | 2012-04-17 02:00
b0162790_220295.jpg
b0162790_2201544.jpg


化粧ポーチ・・・。

実はデロンギのダストカバー収納袋。

リメイクと言えるほどたいそうなことではなく、
縦長であったものを
中表にしてミシンでジャッと底上げしただけ。

たった十数秒の作業です。

けれど、実に良い。
この上なくかわいい。

嬉しさのあまり、
早速小物を収納して悦に入っているのです。

明日はこれをトートバッグに忍ばせて
出勤するつもり。

世の中広しと言えども
こんなポーチを持っているのはきっと私だけだわ。

それとも
これをカワイイと思うのも私だけ?

[PR]
by d-plus55 | 2012-04-16 02:38
b0162790_093423.jpg


気付いてはいました。
庭植えのチューリップの咲き始め・・・。

木曜日に庭に出て、
ようやく撮影いたしました。

オランダ産の球根で、
昨年秋ににサカタのタネさんで購入し、
12月に植えこんだもの。

春はやっぱりチューリップ!!
球根を掘り上げて再度植えるつけるところまでは
まだまだ到達してはおりません。

従って、毎年、異なった球根を植えて楽しみます。

今年は「カーナバルデリオ」。
白に濃いローズ色の変わり花。
黄色のシベもかわいいです。
良く晴れて気温の上昇した木曜日は
カップが開いてそれはそれは見事でした。

白花や深い色合い好きの双方を満たしてくれる
願ったり叶ったりの品種です。

b0162790_0153632.jpg


今年のムスカリ。
少し遅い開花の上、
心なしか元気がない様子。
特に葉はクタリ気味で
いつもこんな様子だったかと首を傾げる。
きちんと保管のできていない冷蔵庫の万能ねぎ状態。

庭仕事はいつも
「ありがとう。」「ごめんね。」の繰り返し。

こうしてまた春を迎え、
心を写す庭仕事が始まった。

[PR]
by d-plus55 | 2012-04-13 00:09

レストアの作業机。

b0162790_2472930.jpg


            古い無垢の板に
            テーブルから取り外したアイアンの脚を取り付けて
            作業台ができました。

            いずれも倉庫の在庫品から譲ってもらったもの。
            アイアン脚には錆止塗料を吹き付け、
            板はサンダーで粉だらけになって仕上げました。
            ようやく実現したレストア。
            仕上がりは自惚れるほど上出来でして・・・。

            こうして、
            かねてより希望であった作業台が手に入ったのです。

            ここで、アイロン、ミシン仕事、時々読書~。
            そういう自分を思い描いて、
            ひとまずシアワセになるのです。

            どんなに狭い部屋でも
            その一隅に
            時を経てきたほんのりと温かいものがある安心感。

            それはさて置き掃除が必須。
            作業台の全体が写せるように。
[PR]
by d-plus55 | 2012-04-12 03:09

家鴨。

b0162790_2134184.jpg


             月曜日は新しい作業場の賃貸契約の日。
             ギターのショールーム、事務所、工房の三つを兼ねた
             スペースが出来ることとなりました。
      
             
             D-plusにとって記念すべき日でしたが、
             新しい展開にはそれなりの覚悟がいるもの。

             「いよいよだね。」・・・。
             この一言にはたくさんの複雑な思いが込められているのです。

             夢は膨らみ、心はときめく。
             けれど、不安だって同じくらい膨らんで、
             違った意味でドキドキしてる。

             契約を無事終えての帰り道。
             「ガアガア」という鳴き声に振り返ると、
             工場の軒先に家鴨。

             プラの池では狭かろうと思ったけれど、
             けっこう呑気なお姿ではある。
             ふっと緊張の糸がほぐれた気持ち。

             私たちも一歩ずつ。
             ガアガアと進んで行くのだ。


             
   
             

             
    
             
      
             
[PR]
by d-plus55 | 2012-04-10 02:35