D-plusのスタッフ(自称kanop)の勝手気ままなひとり言。お店のこと、猫ばなし、庭に咲いた花のことなど。お付き合いいただけたら幸せです。


by d-plus55
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2012年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

無花果のジャム。

b0162790_2350720.jpg


            冷蔵庫の無花果がSOSを出して
            夏ばて寝て曜日の休日に
            無花果ジャムを作る羽目になった。

            無花果のざく切りにグラニュー糖を入れて
            ゆっくりと煮る。
            仕上げには取って置きのコニャックも入れてみた。

            煮詰まるに従って色合いも濃くなり、
            良い具合。

            早速、パンを焼いて試食=夜食堂々。
            まろやか!
            粒々が苺ジャムを連想させる。
            そう、酸味の少ない苺ジャム。
            とにかく満足のお味でした。

            お世辞にもきれいな色とは言えなくとも
            合格です。
  
            見た目じゃないんだよね。 
            ・・・・時にはね。
[PR]
by d-plus55 | 2012-08-31 00:07
b0162790_23284821.jpg


b0162790_23295052.jpg


b0162790_23293520.jpg


b0162790_23291848.jpg


            粕谷先生の水彩画個展開催中。

            D-plusのナチュラル小物のコーナーに
            素敵な作品がいっぱいです。

            会期は9/4(火)まで。

            どうぞお運びください。
[PR]
by d-plus55 | 2012-08-28 23:35

アメリカからの夏便り。

            ケンタッキーに旅行するという二男に
            画像のお土産をねだったら、
            NYのアパートに戻って二日で
            送信してくれました。

            レスポンスの速さに
            ポイントアップといったところでしょうか。

b0162790_155166.jpg


b0162790_162043.jpg


           写真にうるさい彼のこと、
           「うまく撮れなかった。」とのお言葉ですが・・・。
           なんのなんの、これで充分です。

           ペンシルバニア州にある「落水荘」。 Fallingwater
           設計はかの有名なフランク・ロイド・ライト。
           現存する氏の建築物でも傑作らしいですね。
           デパート王、エドガー・カウフマンの
           別荘として1930年代に建てられたと聞きました。

           この建築の素晴らしさは、
           水や緑との調和。
           画像からも実に良く伝わって来ます。
           実際に訪れて、
           室内から静かに外を眺めてみたいと
           思わせる魅力があります。
           
           こんな別荘が持てるなんて、
           最高の贅沢ですね。

           ケンタッキーでは鍾乳洞、世界遺産の 
           Mammoth Cave National Park
           (マンモスケーブ国立公園)へ行ってきたとか。

           アメリカはなんとも広そうです。
           時間とお金の制約のある中、
           見応えのある所をピックアップして
           良い旅ができたようです。
     
           若いっていいです。


           
[PR]
by d-plus55 | 2012-08-26 01:33
b0162790_1421173.jpg


            D-plusの秘蔵子。
            ロイヤルコペンハーゲンの
            ミッドサマーナイトドリーム。
            
            一度、ブログでご紹介したことがあったような・・・。
            夏なので再びの登場です。

            1900年のパリ万博に出展されたシリーズで、
            1987年に一時的に復刻されて
            ほどなく廃盤になりました。
            ブルーとピンクの2バージョンがありますが、
            ピンクは極めて珍しいとか・・・。

            アール・ヌーヴォーの流れを汲む
            繊細で装飾的なフォルム。
            いろいろなメーカーの様々なC&Sに出会うけれど、
            このシリーズほど
            淡く、幻想的な表現は他にない。
            

            熱帯夜の続く日本では
            真夏の夜は少々過酷すぎて。
            こんなに繊細な夢は見られそうにないですが・・・。

            店内、展示中。
            ご覧いただけましたら幸いでございます。
[PR]
by d-plus55 | 2012-08-22 02:00

ゴーヤです。

            残暑お見舞い申し上げます。
            お盆休みいかがお過ごしでしたか?

b0162790_11776.jpg


            さて、Sママのお家の見事なゴーヤ。
            沢山いただいたので、あちこちへお裾分け。
            
            そして最初は天ぷら。

            ゴーヤの天ぷらは結構いけます。
            豚肉を加えてかき揚にしても美味ですわ。

b0162790_175164.jpg


            今日はさらし玉ねぎとシラスを和えてみました。
            苦みが少ないので上品なお味でした。

            実はですね。
            壁のペイントも
            庭の整備も出来ぬまま終わってしまった
            短い夏休み。
            
            何だか宿題を忘れた子供のよう。
            落ち着かない気分ですが、
            ゴーヤを食して元気がでたので
            よぉ~し! 明日から仕事だ。
      
            ・・・形だけでも喝を入れとかなくっちゃ。
[PR]
by d-plus55 | 2012-08-19 01:17

石川達也。

b0162790_2511220.jpg


              旧盆のお休みも何やかんやで仕事がからみ、
              バカンスとはほど遠く。
              仕事の雑用以外は朝寝ならぬ昼までぐったり状態で
              ありました。
              明日は明日で
              店の整理や準備などせにゃならぬわい・・・と
              またまた儚く休日は終わろうとしています。

              まぁ、それでも自室の模様替えなどして
              積年(?)の埃も取れ、
              椅子の配置もかえたので、
              ゆったりと読書なんぞできそな
              気配となりました。

              さて、
              何にもない夏休みでは些か残念。
              そこで、相方と近所の蕎麦処「多摩川」へ。

              “豆腐よう”で日本酒を一杯との目論見。
              下戸の身の上、一合は多い。
              そこで今回も利き酒セット。

              画像、向かって左から、石川達也、天虹、東北泉。
              純米吟醸無濾過原酒、石川達也は絶品。
              野趣があり、主張強く、適度に尖っていて
              それでいてまろやかな複雑な味覚が次々と
              展開して驚きました。
              ここまで気に入る日本酒はめったに無い。
              下戸のコメントなんか当てになるもんか・・・と
              我ながら思う。
              しかし、今月の当たりはこのお酒。

              やっと夏休みがやって来た気分なのでありました。
[PR]
by d-plus55 | 2012-08-17 03:18

嬉しいプレゼント。

b0162790_23545036.jpg


              Eちゃんから素敵な薔薇の花をいただきました。
              目にも涼しげな淡いピンクとブルー。
              店内に爽やかな空間ができました。
              
              涼を取る方法もいろいろ。

               

                 ・・ D-plus 夏季休業のお知らせ・・・
                    8/14(火)~8/18(土)
                   どうぞ宜しくお願いいたします。


[PR]
by d-plus55 | 2012-08-11 00:05

てんこ盛り。

b0162790_23324073.jpg


               店脇のプランターの花は次から次へと咲いて
               その上、花持ちが良いので、
               今やぎっしり、てんこ盛り。

               栄養系コリウスの丈が長くなったので、
               Fママがプランターの下方へ誘導してくれた。

               放っておいたら
               どんどん伸びてトウが立ってしまうのが落ちなのだが、
               これぞ花好きの魔法だと感心することしきり。

b0162790_23511095.jpg


               ・・・ D-plus 夏季休業のお知らせ・・・

                     8/14(火)~8/18(土)
              
                   どうぞ宜しくお願いいたします。

[PR]
by d-plus55 | 2012-08-08 23:47

懐かしき駅名。

b0162790_19835.jpg


               懐かしい。
               とにかく懐かしい。
              
               琺瑯製の駅名板。

               「たまがわえんまえ」はもう無いんだよ。
               多摩川園前が多摩川となり、
               目蒲線は多摩川線になって久しい。

               その昔、二子玉川には二子多摩川園、、
               多摩川には多摩川園という遊園地があったんだ。
               もちろん、二つの遊園地はとっくに閉園になって
               街の様子もすっかり変わった。

               わかってる。
               変わらない事なんて何ひとつないんだよね。 
               それでも、
               その変遷を目の当たりにして来た者は
               こんなアイテムとの出会いで
               いとも簡単に懐かしい時代へ引き戻される。    
               
               はからずも胸がキュンとなる。

               二子玉川園には等身大(?)の大きな草食恐竜が
               設置されていた。
               コンクリート製だったかな・・・。 色はグレー。
               とにかくそれは大きくて、長く伸びた首が
               東急線の車窓からも望められたものだ。

               昔話は年のせい?
               でも、地元ならではの
               けっこうレアな情報でしょ~。
[PR]
by d-plus55 | 2012-08-08 01:32

玉川堂の湯沸のこと。

               暦は立秋ですが、
               また暑さが戻って来そうな気配です。
   
               これから9月までの残暑。
               いざ!

b0162790_105236.jpg


               今日は玉川堂の鎚起銅製の湯沸のことなど。

               お店でお客様と話題になった翌日の入荷。
               そのタイミングの良さに
               運命すら感じてしまう出会いでありました。
    
               箱書きがあまりに達筆なので苦戦しましたが、
               「甍垂鎚起銅製湯沸」と判読致しました。
               瓦の釉薬が垂れるような趣といったところでしょうか。
         
               読みが外れていたら
               それこそ赤っ恥・・・。

               匠な技で打ち出された立体的な文様です。
               胴の部分は燻を施してあるためか古色を帯びて
               なんとも贅沢な湯沸かしです。
 
               胴周りは54cm。
               鉄瓶や湯沸の胴を測る度、
               「なかなかやるもんだ。」と、
               ある意味、いっつも関心するのです。
               
               
[PR]
by d-plus55 | 2012-08-07 01:21