D-plusのスタッフ(自称kanop)の勝手気ままなひとり言。お店のこと、猫ばなし、庭に咲いた花のことなど。お付き合いいただけたら幸せです。


by d-plus55
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28

<   2014年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ローリング・ストーンズ

b0162790_252524.jpg
b0162790_251456.jpg


                2/26(水)東京ドーム
                14 ON FIRE JAPAN TOUR

               
                期待通りのパワフルなステージを堪能して来ました。

                生Paint it Blackは感涙もの。

                ストーンズ世代のシニアから若者まで、
                幅広い年代のファンで埋め尽くされたドームが
                一つになって熱狂するあつ~いライブでした。

                Great!!
                その一言に尽きます。


                因みに、ENCOREは
                You Can’t Always Get What You Want
                (I Can’t Get No) Satisfaction

                kanopはあたかも予習をするように、
                セットリストは前もって知っておきたい派。

                予め演奏曲目をおおまかに公表するライブもある。
                その方が有難い。
                ビックリ箱をあけるような子供じみた楽しみは
                合わないな。
                映画のネタばらしとはちと違う。
                なにせライブなのだ。
                
                初日は新鮮。
                 わずかに残念。
[PR]
by d-plus55 | 2014-02-27 02:09

小説を読む。

               怒涛の月火が過ぎました。

               複数の案件をソツなくこなすのは、
               不器用なkanopには至難の業。

               疲れました。

               火曜夜は発送品の品物が行方不明になり、
               冷や汗もの。
               紛失物は吹けば飛ぶような紙片なので、
               「最早、これまでか!」・・・と半ば諦念。

               それでも、冷静になって、己の作業過程を思い出しながら、
               執念で探し出しました。
 
                ヤレヤレです。


b0162790_218058.jpg


                講義は再履修、再試験となり、
                更なる茨の道へ・・・。

                それでも再び小説を読むきっかけを得て
                志賀直哉など、まず。
                短編の多い氏の小説は寝る前にはピッタリで
                久々に「ブンガク」の世界に浸る30分間。

                この年になって、
                「好きな事を諦めない」ことを身につけた。
                負けないぞ!


                
                

                
[PR]
by d-plus55 | 2014-02-26 02:40
                最近は徒歩通勤。
                歩くといろいろな発見がある。

                タクシー会社の角を曲がると
                「いらっしゃいませ。温かい飲み物はいかがですか?」・・・。
                自販機が話しかけて来る。
                「余計なお世話だわ。」と思う。
                弁当持参になって、
                ドリンク自販機のお世話になることも
                少なくなったこの頃。





b0162790_23564444.jpg


                 さて、昨年のアメリカ旅行での話。

                 コールドスプリング駅プラットホームの自販機。
                 コールドスプリングは
                 NY、グランドセントラルから小一時間、
                 メトロノース鉄道に乗って、
                 ハドソンリバー沿いにを小一時間遡ったところ。
                 アンティークショップが並ぶ小さな町。

                 実はNYで初めて見た自販機です。
                 マンハッタンの街中、地下鉄の駅で自販機を見ることは
                 ついぞなかったのです。

                 果たして本当に必要なのかな?
                 自販機がなくても、喉が渇いて生死に関わることにはならなかった。
                 スタバやデリでちょっとした飲み物をテイクアウトすれば事足りた。
                 日本に戻って、
                 其処かしこに自販機があり、コンビニがあり・・・。
                 その方がかえって妙だとおもえて仕方がないのです。

                 増してや、
                 人の気配を感知して営業してくるなんて!
                 フツーじゃないです。

                 もしかして
                 日本は不思議な国なのかも知れません。

                 ・・・そんなことを
                 つらつら思いながらの通勤です。

       

                 


                 
[PR]
by d-plus55 | 2014-02-21 00:08

爆睡中。

b0162790_038569.jpg


                トモスケさんは日がな一日、寝ています。
                家事がある訳でもなく、仕事もない。
                ひたすら羨ましい。
                こっちの虫の居所によっては、「お気楽でいいわね。」と
                嫌味の一つも言いたくなる。

                しかしながら、
                猫はこうでなっくちゃ。
                格好に癒される。
[PR]
by d-plus55 | 2014-02-20 00:47
b0162790_143486.jpg


                  アップルパイ。
                  大好物。

                  昔は私だって美味しいパイが焼けた。
                  林檎、マロン、ピーチと次々作って、
                  あちこちへお裾分けしていた。

                  今の有様からすると
                  あれは「魔法」だったのかと思う。

                  いつの間にか、「魔法」が解けて
                  パイを焼く時間もパイ生地作りの腕も消滅してしまった。

                  今は
                  冷凍のパイシートを使ってこっそりと作る。

                  午前一時を回ってから林檎を煮る。
                  皮のまんまザク切りにして、
                  バターで炒めて砂糖を入れ、
                  仕上げにレモン汁、ブランデーを投入。
                  冷めてからパイ生地に包んで
                  210度のオーブンで18分間・・・。

                  何とか形になりました。

                  皮つきの紅玉林檎のフィリング。
                  焼きたては ルビー色。
                 

                  午前三時のアップルパイ。
                  私の一日の終わり。
[PR]
by d-plus55 | 2014-02-19 01:25
b0162790_1583172.jpg


                フェンス向こうの河津桜が見ごろになりました。
                先日の大雪にも負けず、
                可憐な花を付けています。

                いつも真っ先に季節の移ろいを告げてくれるのはこの花で、
                まだ冬の装備の解けぬころ、
                「もうすぐだよ。」と言ってくれているようで、
                心の中心がポッと温かくなる。

                春遠からじ。
      
                春を待ち、行く春を惜しみ、
                毎年、同じように、
                そして毎年、違う一年が過ぎて行きます。
                
[PR]
by d-plus55 | 2014-02-18 02:10

ビアマグ蓋の謎。

b0162790_2183925.jpg


                 ビアマグに蓋のある理由。

                 ずっと不思議に思いながら、
                 ビール飲みではないので進んで知ろうとはしなかった。

                 ヨーロッパでペストが流行った頃、
                 予防の策として蓋を付けた・・・とのこと。

                 「飲み難かろう」と思っていたけれど、
                 効果は別として差し迫った理由があったのですね。

                 ロイヤルコペンハーゲンのビアマグが入荷です。
                 錫製の蓋はジョージ・ジェンセン社の作。
                 思わぬコラボに驚きました。

                 未熟者ゆえ、
                 新しい品物が入荷する度に
                 調べ事が増えて行きます。

                 それでも
                 学ぶことが厄介でなくなって
                 やっと根気が出て来たのは進歩です。
                 この境地に至るのにン十年かかってしまいましたが・・・。
[PR]
by d-plus55 | 2014-02-17 02:34

雪かき。

b0162790_1575920.jpg


               記録的な積雪は多くの被害をもたらしました。
               お見舞い申し上げます。

               土曜日は店に行って、
               まずは雪かき。
               
               シャーベット状の雪は重い。
               腰に来ました。
               必要最低限のエリアの除雪に留めたものの
               小一時間を要すハードな仕事でした。

               ヤレヤレ・・・です。

               帰りは車。
               慎重に運転いたしましたが、
               時にわずかなドリフト感も楽しみながらの帰宅です。
[PR]
by d-plus55 | 2014-02-16 02:20

またまた雪です。

b0162790_16469.jpg


                先週に続いての積雪。
                早めに仕事を終えての帰宅となりました。

                積もり立ての真っ白い所を選んでサクサクと歩く。
                思いの外、快くて
                私の心にもまだ若さが残っているな・・・と思う。


b0162790_1133651.jpg


               我が家一番の寒がり、
               トモさんを外に連れ出す。

               結果は言わずと知れたこと。
               足跡スタンプが消えてしまわないうちに、
               記念の一枚。

               部屋に戻ってからは、
               背中に付いた僅かな雪が気になって、
               しばらくは毛皮のお手入れに没頭。

               「弱虫!」と思う。
               けれど、そう言う私も五十歩百歩。
               
[PR]
by d-plus55 | 2014-02-15 01:25
b0162790_0554028.jpg


                
                立春も過ぎましたが、寒い一日でした。
                水曜日は休日。

                大田区鵜の木の蓮の花カフェさんで開催の
                gaku寄り道展に行って来ました。

                民家を改造したアートな空間に
                gakuさんの鉄ものコレクションが
                素敵に展示されていて、
                心ときめくひと時でした。

                自家焙煎の美味しいコーヒーと
                林檎の焼き菓子もいただきました。

b0162790_101658.jpg


                折しも、お客様でベーシストの
                オリジナル曲+バッハなど演奏などあり。
                鉄、コーヒー、音楽と・・・・。
                非日常的な空間でいろんな刺激を受けたような気がします。

                それにしても・・・です。
                みなさん、深いです。
                そのアートエナジーに大いに刺激されると同時に、
                何もかも、上辺だけで徹することのない我が身を
                ちょっぴり恥ずかしく思う一日でした。
[PR]
by d-plus55 | 2014-02-06 01:09